民間介護保険を利用する時の給付方法って?

民間介護保険を利用する時の給付方法があります。
要介護状態になった時点で介護保険料を支払っている保険会社の規定に添って給付金が受けられます。
(得アゴ)それは給付金と言う形で一度にまとまった金額を受け取れる「介護一時金」があります。
要介護状態が続いている限り給付金を受け取ることが出来る「介護年金」があります。
大抵の場合は、「介護一時金」と「介護年金」の両方を給付してもらえるものが多いのですね。
個別だけで給付してもらえる保険と言うのもありますよ。
(笑顔)これは保険会社と、どう言う契約で介護保険料を支払っているか!?これによって違ってくると言います。
給付内容についても各保険会社によって違います。
そんな民間介護保険については、加入自体が自由となっています。
これは義務としている公的介護保険と違う所です。
介護と言うのは、必ずしも必要になるとは限りませんよ。
不要の人もいると、公的な介護サービスで充分と言うこともあります。
そのために民間介護保険のサービスがあって良かったと思っている人だっています。
介護保険料も決して安いものではありません。
きちんと公的介護保険も民間介護保険も介護保険の仕組みを理解て加入する様にしてくださいね。
(笑顔)
保険不払い相談