主婦がキャッシングを利用したい場合は?無職でも借り入れできる?

かつて、主婦はもう二度とキャッシングが不可能になるのではと言われていました。
貸金業法が見直されたのは、その少し後のことです。
改正後の貸金業法では、主婦のキャッシングは変わったのでしょうか。
今の主婦でも昔の主婦でも、給料日目前に生活費が枯渇することがあります。
貸金業が見直されたことにより、収入のない主婦がキャッシング会社からお金を借りるに当たっては、しなければならないことができました。
配偶者の同意書と年収を証明できる書類、そして婚姻関係を証明するための書類を準備しなければなりません。
これで、主婦のキャッシングには夫の合意が必要ということになりました。
また、いわゆるグレーゾーン金利がなくなり、金利は20.
2%以上に設定してはいけないことになりました。
金利が一定水準以上で頭打ちになるのは、キャッシングする側からすれば歓迎すべきことです。
人によっては、家族に内緒でキャッシングがしたかったという人、年収の3分の1の融資額は少なすぎ目と感じる人もいます。
アコム失業